身近なもので、手軽に簡単!生ごみを臭わせない方法

2017年11月9日

 

普通に生活していれば、必ず出てきてしまう生ごみ。皆さんは、キッチンのニオイ対策で困ったことはありませんか?

洗い物を片付けて、シンクを清潔に保っていても、三角コーナーがある限りはどうしてもイヤ~なニオイが漂ってしまいます。生ごみが腐る、臭ってしまうというのは、特に夏場であれば仕方がない…と諦めている方も多いかもしれません。ですが、実は簡単な方法で生ごみのニオイは抑えることができるのです!

 

この記事では、生ごみの悪臭からすっきり開放されるための、様々な工夫をご紹介いたします。

 

 

 

1、生ごみの臭いの原因!まずは「水気」を最小限に

 

生ごみが臭う原因は雑菌であり、雑菌が繁殖しやすいのは高温多湿の環境です。暑い夏の水をかぶった三角コーナーなどは、生ごみが悪臭を放つ条件をしっかりと揃えてしまっているわけですね。

 

したがって、生ごみを臭わせない一番のコツは、水気をしっかりと切ることです!

 

臭いの強そうな食材はもちろん、緑茶等のティーバッグもしっかりと絞ってから捨てることで、ごみ箱の中のものが腐りにくい環境を作ります。食材の汁気がべっとりと付いたレトルト食品の袋などは、一度すすいでから水をしっかりと切って捨てましょう。

 

そして、重要なのは捨てたゴミの上に水を流さないということです。水がかかりにくい、フタ付きの三角コーナーを使ってみるのもいいかもしれませんね。

 

 

 

2、臭いが強い生ごみは、「包んで捨てる」

 

腐る前からすでに臭いがきつい…。そんな生ごみは、そのままごみ箱に入れずに包んでから捨てましょう。

 

ビニール袋に入れて、口をしっかりとしばってから捨てるという方法は、試されている方も多いかもしれませんね。

その他にもお手軽な「包んで捨てる」方法は様々あり、例えば空になった牛乳パックの中に生ごみを入れて口を閉じれば、ニオイも水気も漏れません。この方法を使って、三角コーナーを置くこと自体をやめている方も多いそうです。

三角コーナーの代わりに口を開いた牛乳パックを置いて、生ごみが溜まるごとに丸々捨ててしまえば、一番の臭い対策になるかもしれませんね。

 

さらに、新聞紙で包んで生ごみを捨てるという方法もおすすめです。新聞紙は臭いを閉じ込めるだけではなく、水気をしっかりと吸収して、生ごみを腐りにくくしてくれます。

 

もし、使い道もなく捨てるだけのビニール袋・牛乳パック・新聞紙があれば、キッチンに置き場所を作って生ごみの臭い対策に役立てましょう。

 

 

 

3、お掃除の万能選手!「重曹」を使う

 

手軽に入手できて様々な汚れを落とせることから、重曹はお掃除アイテムとして近頃すっかりお馴染みです。

あらゆる場所で大活躍の重曹ですが、実は消臭効果も期待できます。

 

臭いが気になったら、重曹をスプーンで数杯すくって、生ごみに直接振りかけてしまいましょう。食べ物は腐ると酸性になることが多く、重曹は弱アルカリ性なので、いやなニオイを中和してくれるのです。

 

また、ごみ箱の底や三角コーナーの底にあらかじめ重曹を入れておけば、水分を吸収し、雑菌の増殖も抑えてくれます。

 

重曹は食用にもなり、安全性が高いので、キッチンでは調味料やスパイスなどと同じように使いやすい位置に置いておきたいですね。

 

 

 

4、コンポスター、生ごみ処理機でごみを肥料に

 

もっと根本的に、本格的に生ごみを処理したいという方には、コンポスターや生ごみ処理機がおすすめです。

コンポスター(コンポスト)とは、庭などに埋め込んだ専用の容器に生ごみを入れていき、発酵させて堆肥にする、というもの。また、密閉性が高く室内でも使えて、生ごみを微生物によって分解したり、乾燥させたりする生ごみ処理機も販売されています。

 

ごみを減らせる上に肥料としても活用できるこれらの装置は、とてもエコで魅力的ですね。補助金を出して生ごみ処理機の購入を推進している自治体もありますので、ぜひお住まいの地域について調べてみてください。

 

これらの装置を使った生ごみの処理は、家庭菜園をやっている方には特におすすめの方法ですが、ものによっては不衛生・虫がわく・手間がかかる・時間がかかる・入る量が少なく生ごみを処理しきれない、などといった問題のある製品もありますので、購入の際にはよく調べた上で慎重に選択しましょう。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

お料理の際のほんのひと手間や、身近なものを使ったお手軽な方法で、しつこい生ごみ臭を格段に抑えることができます。

これで三角コーナーの不快なニオイに悩まされることなく、気温の高い日でも快適に過ごすことができそうですね。今回の記事でご紹介した方法を、ぜひ今日からお試しください。

前の記事